「憧れ」を「目標」にするヒントがいっぱい!声優志望AtoZ

声優の養成機関で学ぼう!

声優の養成機関に入ってデビューするまで、どんな道のりが待っているのかな?色々な養成機関の特徴と、それぞれのつながりを簡単な図で説明していくよ。

声優を目指してスタート!

なるべく早く学びたい!

高等学校

 「なるべく早く声優の勉強がしたい」と考えている中学生向けなのが、「演劇科」や「声優科」を備えた高校だ。また、通信制高校と提携し、高校卒業資格の取得を目指しながら専門的レッスンを受けられる養成機関もある。ただ、数はまだまだ少ないので、選択肢は限られる。

学校を探す

初心者向けで施設も充実!

専門/専修学校
各種スクール

 初心者向けに、優れた施設や有名講師、演技の基礎から応用まで段階的に学べるカリキュラムなどを用意している。色々なプロダクションと幅広く繋がっていれば、卒業後の進路選びの幅も広い。さらに、認可を受けた専門学校や専修学校ならば、格安な通学定期券を購入でき、卒業すれば一般的に学歴として認められるのもメリットだ。入学資格は高校卒業以上が多い。

学校を探す

じっくり学びたい!

短大/大学

 「演劇科」を備えた短大・大学は昔からあり、最近では「声優科」を備えた学校も現れている。4年制大学ならば、標準的な2年制の専門学校・専修学校・各種スクールなどより履修期間が長く、一般教養や資格取得の勉強を含めて、じっくりと学べる。また、卒業時に「学位(学士や短期大学士)」を得られるため、一般企業に就職する際も有利。

学校を探す

進学
進学
入所試験

一番の近道!…だけどハードルは高い

養成所

 将来の戦力を探すため、プロダクションや劇団が運営するケースが多い。目標のプロダクションや劇団が決まっているならば、そこの養成所に入るのが一番の近道だ。ただし、レッスンのレベル、レッスンを行う頻度や時間などは千差万別。演技経験者しか採用しない場合もあり、専門学校・専修学校・各種スクールよりハードルは高い。

学校を探す

オーディション
オーディション
声優プロダクション
劇団

声優デビュー!

コラム

声優になっても安心は禁物!

常に同業者との競争が続く

 多くのTVアニメは3か月や半年で最終回を迎え、TVゲームもシリーズ化されるほどの人気作は限られる。作品が終われば当然、出演声優も仕事がなくなって収入も途絶える。そして、新作に出演して仕事を得るには、改めてオーディションを受け、偉大な先輩から毎年増える後輩まで数多くのライバルとの競争を勝ち抜かなければならない。声優は、このサイクルを延々と繰り返すのだ。

デビュー直後はギャラが安い

 声優の仕事の中心であるアニメや外国映画の出演料(ギャラ)は、キャリアや実力で決められた「ランク」に基づく。ただし、デビュー間もない新人声優はランク外の「ジュニア」という扱いで、この間の出演料は30分アニメ1回の収録で1万5千円程度。さらにここから、税金やプロダクションに所属していれば手数料が差し引かれる。そのため、ギャラだけで生活するのは大変だが、「ギャラが安い=制作側が気軽に起用しやすい」という利点がある。ジュニアのうちに実績を積んで信用を高めておくことが大切なのだ。

仕事の時間が不規則

 30分アニメの収録は、10時や17時から始まって3~4時間程度行うのが一般的。しかし、セリフ量の多い映画の吹き替えやゲームの収録はそれよりも時間がかかる。また、ナレーション録りが深夜に及んだり、土日にイベント出演があったりと、声優の仕事は非常に不規則で休日も決まっていない。さらに、収録後はチームワークを高めるため飲み会が行われることも少なくなく、帰宅が深夜になるのも当たり前。そんなタフな生活の中、常にコンディションを保っていなければならない。

次は養成機関ってどうやって選んだらいいのかおしえて!

養成機関選びはココをチェック!

  • 声優って、こんなにステキな仕事!
  • 声優は色々な場所で活躍中!
  • どうすれば声優になれるの?
  • 声優の養成機関で学ぼう!
  • 養成機関選びはココをチェック!
  • 声優を目指す最初のABC
  • 声優志望者の疑問を解決!Q&A
  • 声優業界の専門用語を知ろう!

声優学校を探すあなたにぴったりの声優スクールを探そう!

「憧れ」を「目標」にするヒントがいっぱい!声優志望AtoZ
もし声優になるなら…あなたはどんなタイプ?
このエントリーをはてなブックマークに追加