「憧れ」を「目標」にするヒントがいっぱい!声優志望AtoZ

養成機関選びはココをチェック!

「声優の養成機関」はそれぞれに特徴があるから、まずは以下のようなポイントをチェックしよう!そして、最終的には実際に行ってみて、自分に合うかどうか確かめることが大切だよ。

ココをチェック! その1レッスン内容

 養成機関によって、カリキュラムの内容や重視するレッスンが異なる。自分とレッスンのレベル差、自分が学びたい分野とのカリキュラムが合っているかなどを確認しよう。専門学校・専修学校・各種スクールなどのレッスンは基本的に初心者向けだが、戦力を求める養成所のカリキュラムはより実践的だ。

ココをチェック! その2レッスンのスケジュール

 働きながら、学びながら声優を目指す社会人や学生は、レッスン日と会社や学校が重なってしまうと養成機関に通えない。レッスン日に複数のパターンが用意されているか、土・日曜日、夜間などのコースを設置している場所を探してみよう。

ココをチェック! その3講師

 現役プロが講師を務めていると、演技に加えて、現場で求められる技術やマナーも学べる。また、講師と業界とのパイプがデビューに繋がる「チャンス」面のメリットも大きい。講師をチェックする際は、名前や実績のほかに、どれくらいの頻度で教えてもらえるかも確認しよう。

ココをチェック! その4設備

 養成機関には、演技やダンス用のスタジオや収録を行うスタジオを備える。これらの造りや設備が優れていれば、思う存分レッスンに励めて練習効率が上がる。また、収録スタジオにプロ仕様の機材が備わっていると、実際の収録現場の雰囲気が味わえ、本番で戸惑う心配も減るだろう。

ココをチェック! その5チャンス

 デビューに向けて、在学中、卒業時、卒業後にどのような支援を受けられるかも調べておきたい。特に専門学校・専修学校・各種スクールの多くは、在学中に現場に出られるような仕組みを用意したり、学内に業界関係者を招いてオーディションを開いたりといった、手厚いバックアップ体制を敷いている。

ココをチェック! その6実績

 在学生や卒業生の出演歴やプロダクション所属実績は、養成機関の教育水準や業界とのパイプの太さを測る目安のひとつ。活躍する人が多ければ、それだけ指導内容が役立ち、業界から評価されている証拠といえるだろう。ただ、養成機関がいくら有名人を輩出していても、自分がプロになれるかどうかは本人次第だ。

ココをチェック! その7費用

 入学してから卒業するまでにかかる費用を計算してみよう。養成機関へ支払う入学金や学費に加え、自宅住まいならば交通費、さらにひとり暮らしならば生活費も別途必要。それらの総額が、現実的に負担できるか判断するのだ。奨学金制度や学生寮を備えている養成機関ならば、費用を抑えられる。

ココをチェック! その8立地

 養成機関が家から近ければ、時間や通学費用の節約に繋がる。専門学校・専修学校・各種スクールは日本各地に多数あり、自分が通いやすい場所を選ぶのも考え方のひとつ。一方、養成所は数が少ない上に大半が東京に集中している。目指すプロダクションが決まっているならば、その養成所が遠くても頑張って通おう。

次は個人で取り組めることをおしえてよ!

声優を目指す最初のABC

  • 声優って、こんなにステキな仕事!
  • 声優は色々な場所で活躍中!
  • どうすれば声優になれるの?
  • 声優の養成機関で学ぼう!
  • 養成機関選びはココをチェック!
  • 声優を目指す最初のABC
  • 声優志望者の疑問を解決!Q&A
  • 声優業界の専門用語を知ろう!

声優学校を探すあなたにぴったりの声優スクールを探そう!

「憧れ」を「目標」にするヒントがいっぱい!声優志望AtoZ
もし声優になるなら…あなたはどんなタイプ?
このエントリーをはてなブックマークに追加