がーるずらっしゅ THE ANIMATION のレビューと感想 水平線氏の名作をアニメ化!

ピンクパイナップル

ピンクパイナップルの『がーるずらっしゅ THE ANIMATION』のレビューと感想を書いていきます。

1巻と2巻があるので、この記事ではどちらも紹介したいと思います。

1巻はこちら

2巻はこちら

原作漫画はこちら

『がーるずらっしゅ THE ANIMATION』のあらすじ

『がーるずらっしゅ THE ANIMATION』1巻『おね活のススメ』

「パパ活」ならぬ「おね活」を始めることにした主人公は、少し不安になりつつもおね活デビューをすることに。

指定されたマンションに向かった主人公を出迎えたのは、巨乳で優しいお姉さんでした。

彼女とゲームをしたりして楽しく過ごす主人公ですが、お姉さんがいきなり豹変!

後日はお姉さんの要求がエスカレート。当然のようにセックスする流れになって……?

『がーるずらっしゅ THE ANIMATION』2巻『修学旅行やり直し』

彼女と旅行に行く予定が直前でフラれ、1人で旅館に向かうことにした主人公。その道の途中でかつての同級生・十喜子と再会します。

彼女は高校の修学旅行のタイミングで風邪をひいてしまい、修学旅行をやり直そうとしていたのでした。

しかし部屋を予約していなかった彼女は主人公と一緒の部屋に泊まることに。高校時代はただの同級生としか思っていなかったのに、女としての魅力を感じてしまい……

元同級生から男女の仲に!

サンプルはこちら(1巻と2巻共通)

『がーるずらっしゅ THE ANIMATION 』の感想

エロいっ

1巻はいわゆるおねショタもの。巨乳で優しいお姉さんとエッチなことができるだけでかなり羨ましいシチュエーションになっています。

母乳要素もあるのでその手の趣味がある人は特に興奮できるでしょう。

2巻は高校時代は何とも思っていなかった同級生と再会し、その流れでエッチな関係になってしまうという話。

こちらのヒロインも1巻に負けず劣らずの巨乳であり、巨乳好きの人は必見の内容です。

まあ設定こそやや無理やり感はありますが、原作準拠なので多少はね?

プレイとしては1巻も2巻もオーソドックスというかソフトなので面白みはないものの、万人受けするタイプの作品です。

『がーるずらっしゅ THE ANIMATION』の評価

作画    ★★★★
声優    ★★★★★
エロさ   ★★★★★

作画は原作に近く、よく再現できていると思います。静止画だと微妙に見える部分もありますが、動画だと違和感はありません。

声優は1巻も2巻も高レベル。特に言うことはありません。

エロさもかなりのもので、1巻はエロアニメでは珍しい母乳描写があるのも特徴。水平線氏の描くヒロインは巨乳&母乳は標準装備みたいなものなので……(笑)。

全体的にクオリティの高いエロアニメです。2巻は主人公がイケメンなのが若干好みが分かれるかなーという程度。

とりあえずサンプルを見てみることをおススメします。

本編はこちらから↓
がーるずらっしゅ THE ANIMATION 第1巻

タイトルとURLをコピーしました